四宮神社祭 たのもさん 2015.09.13

こんにちは まっちゃんです。09/13(日)四宮神社で「たのもさん」というお祭りが行われます。

たのもさん??とは 簡単に言うと五穀豊穣を願って行われるお祭りです。このお祭りで1番楽しめるのが、たのも船とよばれる船を町内の人たちが船を持ち寄ってお祓いをして神社または神社近くから対岸の大野まで船を流すという所です。

町内の人達が作って持ち寄った「たのも船」 ※写真は数年前のものです

たのも船
DSC_0894

夏休みの自由研究のように様々なデザインの船が並びます。個性的な船がたくさんあります。当館も毎年船を作って持って行きます。今年は「ちょっとイケメン」と言われた事のある男性スタッフが急ピッチで作成中です。なかなか良いデザインに仕上がってました。 船にローソクをつけて大鳥居に向けて流しますのでなかなか見れない幻想的な風景を見ることができます。私も写真を撮りに行きたいと思います。(見かけたら声をかけて下さい!!なにか良いことあるかも!!)

あと福引もあります。数年前に当館のスタッフが2等を見事当てました。お米が数十キロが当たったようで女性スタッフなのですが担いで持って帰ったと伝説となっています。

【たのもさん】

島全体が“神様”と信じられていたため、昔から土地を耕すことができず、木を土産品の材料にしてその土産品の販売が生活の財源であったため、人々の農作物に対する感謝の念は我々が想像する以上に厚いものがあり、その気持ちを表すため「たのも船」という手製の小船を作り、船内には団子のお人形などを乗せて農作物を作っている対岸の大野町のお稲荷様に向けて流しました。この感情が一つの祭りとなり、町内南町の民俗行事として今日まで継承されています。夕方6時頃となると町内の人達は「たのも船」を持って紅葉谷公園内の四宮神社に集まります。境内では「かがり火」や「ちょうちん」の明かりの中、たのも船を展示し、またお互いの船の出来具合を評価しながらお祓いの時刻を待ちます。「たのも船」の福引会が終了すると、家族揃って「たのも船」の前に集まり神官のお祓いを受けます。午後8時ごろお祓いの済んだ「たのも船」は家族にかかえられ、嚴島神社や御笠浜・西松原の海辺から波静かな大鳥居に向けて流されます。

本日の名言

酒が人間をダメにするんじゃない。人間はもともとダメだということを教えてくれるものだ。 by立川談志

【宮島情報ページ】

天気・交通情報 天気・交通情報 もみじまんじゅう屋 まとめ

宮島カフェめぐり 屋形船(ナイトクルーズ) 穴子飯屋めぐり

宮島ロープウェー 宮島島内地図 水族館

購入希望の方は↓↓ここをクリック

牛まん

すだち醤油

・すだち醤油 過去レポート

レポート1レポート2レポート3レポート4

【まっちゃんをフォローする】

まっちゃん とは

【you tube】 【Instagram】 【facebook】 【google+】

The following two tabs change content below.
まっちゃん
はじめまして、ホテル宮島別荘の松本和則こと、まっちゃんです。 どうぞ、よろしくお願いします。
まっちゃん

最新記事 by まっちゃん (全て見る)