大鳥居はなぜ朱色?

この記事をシェアする

こんにちは、まっちゃんです。

今回は嚴島神社の大鳥居についてです。

現在の大鳥居は8代目で高さ16m、長さ24m、重さ約60㌧、主柱はクスノキの自然木を使用。

奈良の大仏と同じ高さです。(厳島神社火焼前より160m先に立っています)

なんと!!

大鳥居自身の重みだけで立っているんですよ。埋め立てでは無いんです!!

屋根の部分に276個も石と砂(約5t)が敷き詰められていて般若心経が1文字ずつ石に書いてあるそうです。

干潮時に大鳥居の根本まで行くとわかりますが、中央の扁額に書かれている文字は海側と神社側で違うんですよ。

平安時代から8代目にあたり、明治8年(1875)に再建されました。神仏分離令の影響で、素木で建てられ再建から約三十年間は素木だったそうです。

DSCN1419

色のついてない大鳥居を想像するとなんとも味気ないですね。

明治33年(1900)に暴風と高潮によって社殿が破損したため、翌年から大正8年にかけて本社本殿や客神社本殿修復工事が行われました。その際、社殿や大鳥居にも彩色され、現在見られるような朱塗りの社殿となったそうです。

なぜ朱色なのか?

歴史的に言うと平家の旗の色は赤で平家由来の神社の鳥居は朱色とされているようです。魔除けの色とも言われています。

本日の名言

「人のためになることをしなさい」と言われ続け、分かれ道に立った時は、それを基準に考えてきた by 大村智

【予約検索】

錦水館

宮島観光ホテル 錦水別荘

るるぶトラベル
じゃらんネット
Yahooトラベル
一休
JTB
楽天トラベル

【宮島情報ページ】

天気・交通情報 もみじまんじゅう屋 まとめ

宮島カフェめぐり 屋形船(ナイトクルーズ) 穴子飯屋めぐり

宮島ロープウェー 宮島島内地図 水族館

購入希望の方は↓↓ここをクリック

牛まん

すだち醤油

・すだち醤油 過去レポート

レポート1レポート2レポート3レポート4

【まっちゃんをフォローする】

まっちゃん とは

【you tube】 【Instagram】 【facebook】 【google+】

The following two tabs change content below.
まっちゃん

まっちゃん

ホテル宮島別荘 支配人株式会社 錦水館
はじめまして、ホテル宮島別荘の松本和則こと、まっちゃんです。この度、宿主のブログを引き継ぎ「スタッフブログ」として新たに!宮島や宿の魅力をブログで発信していきます。どうぞ、よろしくお願いします。 www.miyajima-villa.jp
まっちゃん

最新記事 by まっちゃん (全て見る)